FC2ブログ
Colorful編集長ブログ
カラフル編集長の日々の活動を中心にお伝え致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自動車整備士になるには?大学と専門学校の違い。

「1級自動車整備士の国家試験合格実績100%」を3年間連続して実現している専門学校として、千葉県自動車大学校を紹介したところ、以下のようなコメントをいただきました。

◆以下、読者から先の記事に寄せられたコメントです。

「2年間の専門学校の方が資格取得の早道!」という人がいるかも知れません。確かに,「整備の仕事だけをやりたい」というのであれば、専門学校でもよいかもしれません。しかし,最近は自動車整備もお客さんとコミュニケーションをとりながらの仕事が重要視されています。また、将来管理職として企業内で責任ある立場になるためには、4年間しっかり勉強して幅広い教養と、機械工学の基礎知識を身につけた工学士(大学卒)の資格が有利になるでしょう。


大学と専門学校で、「どちらが有利か不利か」という議論は無意味だと思いますが、折角の機会ですので、千葉県自動車大学校さんにお願いして、「できるだけ客観的に・・・」ということで、コメントを寄せていただきましたので、紹介させていただきます。
なお、今後も、このような資格や仕事に関わる素朴な疑問については、できるだけいろんな方の意見や見識を紹介していきたいと考えています。


◆以下、千葉県自動車大学校さんからの回答コメントです。

自動車整備士は2年間の課程だけではありません。
もちろん最初の2年間(二級整備士課程)が整備士としてのスタートになることは間違いありません。
ただし二級整備士資格取得後更に、一年・二年と専門的に学べるように車体整備の課程・一級整備士課程・モータースポーツ課程と(学科名は学校によっていろいろですが)着実にキャリアアップできるようになっております。

ご存知のこととは思いますが、2年間の二級整備士課程終了後には「専門士」の称号付与、4年間の一級整備士課程終了後には「高度専門士」の称号付与があり、「専門士」は4年制大学の3年次編入が、「高度専門士」は大学院への編入が可能となっております。
また自動車整備士養成の専門学校で「自動車大学校」と校名を変更している専門学校は、4年制の一級整備士課程の学科をもっていると認識してください。

コミュミケーション能力云々とのお話もありましたが、本校においては二級整備士課程の二年次・後期に「校外実習」という授業の一環として、内定先企業に10日から二週間の職場実習を、一級整備士課程は三年次・四年次に複数の企業に数週間単位で行うインターンシップ制度があり、自動車ユーザーのお客様に接しております。
特に一級整備士課程の三年次・四年次の学生は、二級整備士資格取得者ですので、実整備の現場でも戦力となっております。そして一級整備士課程の三年次・四年次の学生は、二級整備士課程の学生に、整備実習を教えるという、カリュキュラムもあります。

九州の工業系の大学では、大学院の修士課程に一級整備士課程を設けて学生募集の目玉にしようとしている大学もあるようです。
ただし、専門学校・大学(大学院)ともに卒業と同時の整備士資格付与がある訳ではなく、あくまで国家試験の受験資格が得られるだけです。

学校選びの際には、専門学校と大学の国家試験の合格率、特に一級整備士の試験合格率に注目していただくことをお勧めいたします。


※ さらに、詳しく知りたい高校生の皆さんは、直接、千葉県自動車大学校さんの広報課(電話 0120-37-1925、メール info@cats.ac.jp)に連絡すれば、丁寧に説明してくれると思います。その際には、「カラフル進学ネットを見た」と伝えてくださいね。

最後に、BUKAからも少しコメントさせていただきます。
最近、昔は専門学校にしかなかったような設置学科を開設する大学が、物凄い勢いで増えて来ています。
多分、高校の進路指導の先生方も指導に戸惑っておられるのではないかと思います。
BUKAは、単純に「大学と専門学校のどちらが良いのか」といった議論は無意味であると考えています。
高校卒業後の上級学校での「学びの向こう側にあるもの」を見据え、「10年後のなりたい自分」になるために最適な学校を選択して欲しいと思っています。
また、そのための、いわば「キャリアデザインとしての正しい学校選択」のお手伝いを自分自身のミッションにしていきたいと考えています。


スポンサーサイト


デュナミス渡辺一馬社長の結婚式


先週の勤労感謝の日は、「カラフル」の編集デザインや写真撮影でお世話になっている株式会社デュナミスの渡辺一馬社長の結婚披露パーティーに出席しました。デュナミスは宮城大学の学生ベンチャーサークルから始まった会社で、一馬さんは若干29歳にして、既に10年間も社長をやっているスーパースター(ちょっと褒めすぎかな?)です。この日も、マイクを握って、しっかりとプレゼンテーションをやっていました。


BUKAの初めての顔出しです。美しい花嫁の隣の位置は宮城県教育委員会の山崎さんに取られてしまい、その隣で悔しそうに左手を振り上げているのがBUKAです。他にも、河北新報の畠山さん、Kサウンドデザインの小泉社長など、20代、30代で活躍している若者たちが大勢集まっていました。


恒例の「ブーケ投げ(言い方が変?正式な呼び方を知っている人がいたら教えてください)」の風景、ブーケを投げた瞬間です。独身女性たちが奪い合っていました。・・・て言うか、普通はパーティーじゃなくて、教会の結婚式の後にやるんだよね? 何もかも型にはまっていなくて、驚くことばかりでしたが、凄く楽しかったです。


会場では、もちろん新婦が一番綺麗だったけれど、一番人気を集めていたのは、このお嬢ちゃんでした。高校生の皆さんがこういう場面を見てしまうと、「将来の夢はウェディングプランナー」になったりするんだろうなと思いました。でも、この日のウェディングパーティーのプランニングをしてくれたのは、他でもないデュナミスの優秀なスタッフさん達でした。

デュナミスのURLです。
http://www.dunamis.jp/

日本唯一の自動車整備業界立専門学校


 日本で唯一の「自動車整備商工組合立」の専門学校、千葉県自動車大学校を訪問しました。
あまり広告や宣伝をしない学校なので知名度は高くないのですが、この学校は知る人ぞ知る
「3年連続1級自動車整備士国家試験合格率100%」と「抜群の就職率」を誇る伝統校です。



2級自動車整備士の国家試験も2年連続で100%。
ただし、国家試験に合格することだけが目標ではなく、即戦力として活躍できるように
「法定時間の1.5倍の実習を行なっている」とのことでした。



流石に自動車整備組合立だけあって、「総てのメーカーのエンジンで実習できる」そうです。
かつて、一世を風靡したロータリーエンジンも見せていただきました。



つなぎの制服が似合っていました。ここ数年、女子学生も増えてきているそうです。
他にも、笑顔が凛々しい女子学生がたくさん勉強していました。



マイカー通学生が多く、駐車場は希望者全員が借りられるそうです。
愛車のチューンナップも学校の設備とツールが貸してもらえるとのこと。
車好きにはたまらない環境ですね。


もっと詳しい情報が欲しい方は下記URLを訪問してください。
http://cats.ac.jp/pc_index.html

まだ11月なのに仙台は大雪

BUKAのマンションの駐車場です。



今日は11月19日(月)、仙台では初雪が降りました。
11月の初雪は許せるけれど、何でこんなに積もってるの・・・?
やっぱり、異常気象なのかなぁ・・・?






サッカー場が駐車場に変身?



以前、紹介した21世紀プラザ研究センターの向かい側にある空き地が、あっという間に
子ども達のサッカー場から巨大駐車場に変身してしまいました。それなりの事情がある
のでしょうが、子ども達の遊び場が無くなっていくのは、少し寂しいな・・・・。







日本電子専門学校の同窓会主催時局講演会


以前、キャンパス見聞録でも紹介させていただいた、東京都新宿区にある日本電子
専門学校(7号館)を訪問して参りました。

この学校は、話題映画の「DEATH NOTE デスノート」のCGを担当した
(株)デジタル・フロンティアに、たくさんの卒業生を送り出している
CG・ゲーム教育の名門校でもあります。

http://www.jec.ac.jp/obog/2007/05/cg.html


今回の訪問の目的は、日本電子専門学校の同窓会が主催する時局講演会参加です。
同校の同窓生は9万人を超えていて、その内5万人が定期的に連絡を取っているとのこと。
その数とネットワークの強さは素晴らしい財産だと思いました。



今回の講師は、「夢に日付をつけよう」、「地球上で一番たくさんのアリガトウを集める
グループをつくる」といった、分りやすくインパクトのあるスローガンで知られる、
ワタミ株式会社の渡邉美樹社長です。
BUKAが一番楽しみしていたのは「郁文館夢学園」の話でしたが、居食屋、福祉施設、
病院、それぞれの経営が一貫した信念に裏打ちされていることに感銘を受けました。



講演に先立って、渡邉社長が社会貢献事業としてカンボジアを舞台に取り組んでいる
School Aid JapanのDVDを見せていただきました。
そこで目の当たりにしたのは、ゴミの山で換金可能な資源ごみを漁る
子ども達の姿でした。以前、フィリピンのスモーキーマウンテンと呼ばれる
ゴミの山で働くスカベンジャーと呼ばれる子ども達の映画を観ましたが、
同じ状況が世界の各地に存在することを再認識させられました。



海外からの旅行者相手にお土産品を売ろうとしている幼い少女。誘拐されて人身売買
組織に売り飛ばされてしまう子どもも多いそうです。女の子が日本円にして3万円、
男の子だと1万円。そんな過酷な環境の中でも、弟や妹達のために健気に、前向きに
生き抜いている子ども達の話に、涙が止まらずに困りました。




東北高校で紅葉狩り



仙台市の小松島にある東北高校を訪問し、来年度のキャリア教育講師派遣の
打ち合わせをして参りました。




紅葉が綺麗だったので、駐車場までの道を遠回りして、校庭を散策させて
いただきました。





東北高校のURLはこちらです。
http://www.tohoku.ed.jp/



聖ドミニコ学院高校で模擬面接


昨日の土曜日、仙台市青葉区にある聖ドミニコ学院高校を訪問し、
模擬面接のお手伝いをして参りました。


大学も企業も、ひと昔前とは面接の方針が変わって来ています。
多くの教授たちや人事担当者が「見せて欲しいのは、素の自分」であり、
「あまり、面接の練習はして欲しくない」と、異口同音におっしゃいます。
「ありのままの自分自身」を見せてくれれば、「その人の良いところ」、
「伸ばしてあげたいところ」を見つけ出すのが、面接担当者の仕事なのだ
そうです。

とはいっても、普段は天真爛漫な女子生徒たちが、みんなガチンガチンに
緊張していました。度胸をつけるためには、良い機会だったと思います。



模擬面接が終わって、控え室で、ホッと一息。
この笑顔を面接で出せれば良いのにね。



この日は、家庭部の生徒達が顧問の先生の指導でクッキーを焼いていました。
BUKAもお土産に一袋いただきました。とっても、美味しかったです。
(ゴメンナサイ)
本当は2枚入っていたのだけれど、撮影の前に1枚食べてしまいました。


聖ドミニコ学院高校のURLはこちらです。
http://www.dominic.ac.jp/high/



泉パークタウンのイルミネーション



「カラフル」の事務所は仙台市の北部、泉パークタウンの21世紀プラザ
研究センターの中にあります。パークタウンの入り口交差点は、毎年、
冬になると綺麗にライトアップされます。とても綺麗なので、お裾分けを。





事務所の2階から向かい側の空き地を見たらブルドーザーが入っていました。
毎日曜日に小学生達がサッカー試合をしたりしていたのですが、駐車場に
なってしまうらしいです。




宮城県泉松陵高校の進路講話


仙台市の北部、鶴が丘にある宮城県泉松陵高校で進路講話を行いました。


仙台市泉区の21世紀プラザ研究センターで、
「面接道場」を開かれている高木茂道場主の講話です。
高木先生は、BUKAがリクルートの新入社員だった頃の直属課長で、
縁あって、今は「カラフル」主催進路イベントの講師もお願いしています。
今日は久しぶりに「男は黙ってサッポロビール」という就活にまつわる伝説を
聞くことができました。いつ聞いても、感動的な良い話です。



この部屋では、「カラフル」専属講師、大橋健一先生の社会人基礎力養成
講座が開かれていました。今日のテーマは「社会保険の仕組み」についてです。
「求人票に初任給16万円と書かれていても、全額もらえるわけではないんだよ」
とのお話に、生徒の皆さんは「エーっ、何でですかー」と驚いていました。
最後に「フリーターには、こういう保障もないんだよ」と聞かされ、一同納得でした。



来週の講座では、実際の給与明細票を使って税金や保険などの計算をやります。
頼まなくても、女子生徒さんたちが、教材を持ってポーズを取ってくれました。
空気を読んでいただいて有難うございます(感謝!)。


仙台育英学園高校を訪問しました。


カラフルの「編集長インタビュー」企画の取材で、仙台育英学園高校の
多賀城キャンパスを訪問させていただきました。
JR仙石線中野栄駅から徒歩5分の便利な場所に、広大な敷地を擁し、
まるでイギリスのカレッジを思い起こさせるような校舎のたたずまいに
思わず「ウラヤマシイ」とつぶやいてしまいました。



中庭の時計塔。多賀城キャンパスのシンボル的オブジェでもあります。


校舎内を見学させていただいた時間帯が、丁度、お昼休み時間。
図書室を覗いたら、みんな、読書やグループ学習の真最中でした。
今までは、「スポーツの育英」のイメージが強かったのですが、
BUKAの脳みそは「大学進学の育英」にインスパイアされました。

手前のイケメン君たちは、昨日の東北学院大学生インタビューで、
高校生記者にチャレンジしてくれた生徒さん達です。
また、会えて嬉しかったです。(邪魔してゴメンね)



コンピュータ施設も完備。学内LANも張り巡らされ、先生も二人体制。
まさに「ITスーパーハイスクール」路線を突き進んでいるなあ、と感じました。
ちなみに、職員室は遠慮して撮影しなかったのですが、先生方にも一人に一台ずつ
ノート型パソコンが配布され、学内LANを使って各種の教材や指導用のノウハウを
共有しているそうです。
また、情報セキュリティーにも万全の配慮がなされているとのこと。

中学生のみなさんにも、是非、見学をお勧めしたいと思いました。

http://www.sendaiikuei.ed.jp/



宮城県大河原商業高校の校内ガイダンス

今日は、キャリア教育のお手伝いをさせていただいている、
宮城県大河原商業高校を訪問させていただきました。
先月は進路講話ということで、BUKAが進学希望者対象に、
昌人さんが就職希望者対象に、進路選択に関する基本事項の
確認をさせていただきました。今回は、さらに細かく志望分野別
に分かれて、進路研究の場を設営しました。




大学・短大希望者のコーナーです。
AO入試やセンター試験対策など大学受験の基礎知識のおさらいを
した後、大学の入試担当者から個別指導もしていただきました。




専門学校希望者のコーナーです。講師は当社スタッフの昌人さんです。



医療系進学希望者のコーナーです。



公務員試験受験希望者のコーナーです。



就職希望者のコーナーです。後半では、模擬面接も実施しました。



東京未来大学

2007年4月に開学したばかりの東京未来大学(こども心理学部)。
ずっと気にかかっていたのですが、ようやくスケジュールが合い訪問。
スタッフの了解を得て、キャンパスを見学させていただきました。




場所は東部伊勢崎線、北千住駅から南へ二駅目の堀切駅の直ぐそばです。
この写真は、駅のホームから撮影しました。




大学正面のエントランスです。



キャンパスの中に、「金八記念館(開館準備中)」の掲示がありました。
そう、この場所は、あの3年B組金八先生のロケ現場だったところなのです。




校舎内は、黄色やオレンジのパステルカラーでオシャレにコーディネイトされています。
学生食堂も明るく清潔で、学生さんたちの楽しそうな表情が印象的でした。




BUKAはフライドチキンランチをいただきました。
美味しかった。これで400円は安い!





工学院大学新宿キャンパス



大学行政管理学会の月例研修会に参加して勉強して来ました。
今回の講師は、リクルート「カレッジマネジメント編集長の小林浩さんです。
「今どきの高校生」の進路意識について、凄く参考になる話を伺いました。

なお、上の写真は会場の工学院大学新宿キャンパスのエントランスホール
です。新宿駅から歩いて直ぐの高層キャンパスで、快適な校舎で学べる
在学生の皆さんがうらやましく思えました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。