FC2ブログ
Colorful編集長ブログ
カラフル編集長の日々の活動を中心にお伝え致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本電子専門学校の同窓会主催時局講演会


以前、キャンパス見聞録でも紹介させていただいた、東京都新宿区にある日本電子
専門学校(7号館)を訪問して参りました。

この学校は、話題映画の「DEATH NOTE デスノート」のCGを担当した
(株)デジタル・フロンティアに、たくさんの卒業生を送り出している
CG・ゲーム教育の名門校でもあります。

http://www.jec.ac.jp/obog/2007/05/cg.html


今回の訪問の目的は、日本電子専門学校の同窓会が主催する時局講演会参加です。
同校の同窓生は9万人を超えていて、その内5万人が定期的に連絡を取っているとのこと。
その数とネットワークの強さは素晴らしい財産だと思いました。



今回の講師は、「夢に日付をつけよう」、「地球上で一番たくさんのアリガトウを集める
グループをつくる」といった、分りやすくインパクトのあるスローガンで知られる、
ワタミ株式会社の渡邉美樹社長です。
BUKAが一番楽しみしていたのは「郁文館夢学園」の話でしたが、居食屋、福祉施設、
病院、それぞれの経営が一貫した信念に裏打ちされていることに感銘を受けました。



講演に先立って、渡邉社長が社会貢献事業としてカンボジアを舞台に取り組んでいる
School Aid JapanのDVDを見せていただきました。
そこで目の当たりにしたのは、ゴミの山で換金可能な資源ごみを漁る
子ども達の姿でした。以前、フィリピンのスモーキーマウンテンと呼ばれる
ゴミの山で働くスカベンジャーと呼ばれる子ども達の映画を観ましたが、
同じ状況が世界の各地に存在することを再認識させられました。



海外からの旅行者相手にお土産品を売ろうとしている幼い少女。誘拐されて人身売買
組織に売り飛ばされてしまう子どもも多いそうです。女の子が日本円にして3万円、
男の子だと1万円。そんな過酷な環境の中でも、弟や妹達のために健気に、前向きに
生き抜いている子ども達の話に、涙が止まらずに困りました。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://colorful01.blog122.fc2.com/tb.php/20-a201e115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本 電子 専門 学校の最新情報!

学校へ行きたい!より学校の最新情報をご紹介! SEM業界別レポート『専門学校』大原簿記学校 ・織田デザイン専門学校 ・クレアール ・辻調理専門学校 ・日本工学院 ・日本工学院専門学校 ・日本コンピュータ専門学校 ・日本電子専門 学校へ行きたい!【2007/12/20 10:19】




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。