FC2ブログ
Colorful編集長ブログ
カラフル編集長の日々の活動を中心にお伝え致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京栄養食糧専門学校のクリスマス飾り


東京都世田谷区にある、東京栄養食糧専門学校を訪問しました。
もう直ぐクリスマスということで、第三校舎一階のカフェ・ラ・ターブルにはクリスマス
リースが飾られていました。



右側に立っているのは、カラフルの佐々木昌人講師。飾り付け作業をしているのは、
製菓・カフェ経営科の学生さん達で、「カラーコーディネーション実習」の真最中です。



こちらのグループは、カウンター正面の飾りつけ作業中。

上手に出来上がりました。と思ったら、この後、担当の先生がやって来て、がっちり
ダメ出ししていました。キビシーイです。



その他にも、ジブリやヘンゼルとグレーテルをテーマにした作品が飾ってありました。

この学校には、卒業と同時に管理栄養士国家試験の受験資格が取得できる、
4年課程の管理栄養士科も設置されており、今年度の合格率は82.1%でした
(全国平均は35.2%)。
詳しい情報を知りたい方は、以下のURLを訪ねてくださいね。


http://www.shokuryo.ac.jp/dietitian/index.html



絵本読み聞かせ講座 in 聖ドミニコ学院幼稚園


先週の土曜日、仙台市青葉区の聖ドミニコ学院幼稚園で「絵本の読み聞かせ講座」があると聞いて、見学参加させていただきました。
参加者は、幼稚園児のお母さん達と、隣接する高校の幼児保育系進学希望者やアナウンサー・声優希望の生徒さん方でした。また、同じ日に高校で「入試個別相談会」が開かれており、約30人ぐらいの中学生たちが校内見学の途中で立ち寄り、「もっと、聞いていたい」と名残惜しそうにしていました。



読み聞かせの実技の前に、みんなで発声練習。上の写真は、腹式呼吸の練習風景で、先生(現役の女子アナウンサー)は全員のお腹を触って、個別に指導なさっていました。
今、お腹を触られているのは剣道部のキャプテン(両隣も剣道部員)だそうです。「文武両道を目指している」とのことで、講座終了後、みんなで後片付けをした後、道場に走って行ったそうです。



ドミニコ幼稚園の階段上り口に、さりげなく飾ってありました。
クリスマスツリーや、サンタさんとトナカイの飾りつけもありましたが、
こんな何気ない風景にカトリック学校としての情操教育の片鱗を見たような気がしました。



講座終了後、ドミニコ学院高校に立ち寄ったところ、「今、ドミニコの森ミドルをやってますよ。見学していきませんか?」と担当のシスターからお声掛けいただき、少しだけ、覗かせていただきました。
今日は茶道と礼法の講座。専任の先生がマンツーマンで指導しておられました。
「ドミニコの森ミドル」は、卒業生、および在校生の保護者が対象のため年齢層が広く、今日の参加者は、高校を卒業したばかりの若いお嬢さんでした。卒業してからも、母校で指導を受けられるというのは、(先生方の人事異動が無い)私学の特長かもしれませんね。



この写真は、講座開始前に入試相談会の様子を覗いたときのものです。
受付開始予定時刻の9時前に、既に3組の中学生の個別相談が始まっていました。

聖ドミニコ学院高校は、高校の男女共学化が進む中で、女子校であり続けることを選択したそうです。
さらに、「21世紀型のリーダーシップ養成」と「世界的教養人の養成」を二本の柱とする
『女子校ナンバーワン宣言』を発表し、その改革路線が注目を集めています。
BUKAもこの高校の今後の展開にはアンテナを高くして、ユニークな取り組みは他の高校の参考にしていただけるように、どんどん紹介して行きたいと思います。


関連記事が聖ドミニコ学院のブログに掲載されています。
こちらも、ご覧ください。
http://dominic1.blog117.fc2.com/blog-entry-40.html

聖ドミニコ学院高校のURLはこちらです。
http://www.dominic.ac.jp/high/




自動車整備士になるには?大学と専門学校の違い。

「1級自動車整備士の国家試験合格実績100%」を3年間連続して実現している専門学校として、千葉県自動車大学校を紹介したところ、以下のようなコメントをいただきました。

◆以下、読者から先の記事に寄せられたコメントです。

「2年間の専門学校の方が資格取得の早道!」という人がいるかも知れません。確かに,「整備の仕事だけをやりたい」というのであれば、専門学校でもよいかもしれません。しかし,最近は自動車整備もお客さんとコミュニケーションをとりながらの仕事が重要視されています。また、将来管理職として企業内で責任ある立場になるためには、4年間しっかり勉強して幅広い教養と、機械工学の基礎知識を身につけた工学士(大学卒)の資格が有利になるでしょう。


大学と専門学校で、「どちらが有利か不利か」という議論は無意味だと思いますが、折角の機会ですので、千葉県自動車大学校さんにお願いして、「できるだけ客観的に・・・」ということで、コメントを寄せていただきましたので、紹介させていただきます。
なお、今後も、このような資格や仕事に関わる素朴な疑問については、できるだけいろんな方の意見や見識を紹介していきたいと考えています。


◆以下、千葉県自動車大学校さんからの回答コメントです。

自動車整備士は2年間の課程だけではありません。
もちろん最初の2年間(二級整備士課程)が整備士としてのスタートになることは間違いありません。
ただし二級整備士資格取得後更に、一年・二年と専門的に学べるように車体整備の課程・一級整備士課程・モータースポーツ課程と(学科名は学校によっていろいろですが)着実にキャリアアップできるようになっております。

ご存知のこととは思いますが、2年間の二級整備士課程終了後には「専門士」の称号付与、4年間の一級整備士課程終了後には「高度専門士」の称号付与があり、「専門士」は4年制大学の3年次編入が、「高度専門士」は大学院への編入が可能となっております。
また自動車整備士養成の専門学校で「自動車大学校」と校名を変更している専門学校は、4年制の一級整備士課程の学科をもっていると認識してください。

コミュミケーション能力云々とのお話もありましたが、本校においては二級整備士課程の二年次・後期に「校外実習」という授業の一環として、内定先企業に10日から二週間の職場実習を、一級整備士課程は三年次・四年次に複数の企業に数週間単位で行うインターンシップ制度があり、自動車ユーザーのお客様に接しております。
特に一級整備士課程の三年次・四年次の学生は、二級整備士資格取得者ですので、実整備の現場でも戦力となっております。そして一級整備士課程の三年次・四年次の学生は、二級整備士課程の学生に、整備実習を教えるという、カリュキュラムもあります。

九州の工業系の大学では、大学院の修士課程に一級整備士課程を設けて学生募集の目玉にしようとしている大学もあるようです。
ただし、専門学校・大学(大学院)ともに卒業と同時の整備士資格付与がある訳ではなく、あくまで国家試験の受験資格が得られるだけです。

学校選びの際には、専門学校と大学の国家試験の合格率、特に一級整備士の試験合格率に注目していただくことをお勧めいたします。


※ さらに、詳しく知りたい高校生の皆さんは、直接、千葉県自動車大学校さんの広報課(電話 0120-37-1925、メール info@cats.ac.jp)に連絡すれば、丁寧に説明してくれると思います。その際には、「カラフル進学ネットを見た」と伝えてくださいね。

最後に、BUKAからも少しコメントさせていただきます。
最近、昔は専門学校にしかなかったような設置学科を開設する大学が、物凄い勢いで増えて来ています。
多分、高校の進路指導の先生方も指導に戸惑っておられるのではないかと思います。
BUKAは、単純に「大学と専門学校のどちらが良いのか」といった議論は無意味であると考えています。
高校卒業後の上級学校での「学びの向こう側にあるもの」を見据え、「10年後のなりたい自分」になるために最適な学校を選択して欲しいと思っています。
また、そのための、いわば「キャリアデザインとしての正しい学校選択」のお手伝いを自分自身のミッションにしていきたいと考えています。




デュナミス渡辺一馬社長の結婚式


先週の勤労感謝の日は、「カラフル」の編集デザインや写真撮影でお世話になっている株式会社デュナミスの渡辺一馬社長の結婚披露パーティーに出席しました。デュナミスは宮城大学の学生ベンチャーサークルから始まった会社で、一馬さんは若干29歳にして、既に10年間も社長をやっているスーパースター(ちょっと褒めすぎかな?)です。この日も、マイクを握って、しっかりとプレゼンテーションをやっていました。


BUKAの初めての顔出しです。美しい花嫁の隣の位置は宮城県教育委員会の山崎さんに取られてしまい、その隣で悔しそうに左手を振り上げているのがBUKAです。他にも、河北新報の畠山さん、Kサウンドデザインの小泉社長など、20代、30代で活躍している若者たちが大勢集まっていました。


恒例の「ブーケ投げ(言い方が変?正式な呼び方を知っている人がいたら教えてください)」の風景、ブーケを投げた瞬間です。独身女性たちが奪い合っていました。・・・て言うか、普通はパーティーじゃなくて、教会の結婚式の後にやるんだよね? 何もかも型にはまっていなくて、驚くことばかりでしたが、凄く楽しかったです。


会場では、もちろん新婦が一番綺麗だったけれど、一番人気を集めていたのは、このお嬢ちゃんでした。高校生の皆さんがこういう場面を見てしまうと、「将来の夢はウェディングプランナー」になったりするんだろうなと思いました。でも、この日のウェディングパーティーのプランニングをしてくれたのは、他でもないデュナミスの優秀なスタッフさん達でした。

デュナミスのURLです。
http://www.dunamis.jp/

日本唯一の自動車整備業界立専門学校


 日本で唯一の「自動車整備商工組合立」の専門学校、千葉県自動車大学校を訪問しました。
あまり広告や宣伝をしない学校なので知名度は高くないのですが、この学校は知る人ぞ知る
「3年連続1級自動車整備士国家試験合格率100%」と「抜群の就職率」を誇る伝統校です。



2級自動車整備士の国家試験も2年連続で100%。
ただし、国家試験に合格することだけが目標ではなく、即戦力として活躍できるように
「法定時間の1.5倍の実習を行なっている」とのことでした。



流石に自動車整備組合立だけあって、「総てのメーカーのエンジンで実習できる」そうです。
かつて、一世を風靡したロータリーエンジンも見せていただきました。



つなぎの制服が似合っていました。ここ数年、女子学生も増えてきているそうです。
他にも、笑顔が凛々しい女子学生がたくさん勉強していました。



マイカー通学生が多く、駐車場は希望者全員が借りられるそうです。
愛車のチューンナップも学校の設備とツールが貸してもらえるとのこと。
車好きにはたまらない環境ですね。


もっと詳しい情報が欲しい方は下記URLを訪問してください。
http://cats.ac.jp/pc_index.html



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。